巻き爪ケア


ドイツ式巻き爪矯正  B/S SPANGE

巻き爪とは・・・

その名の通り爪が横から巻いているような状態です。

 

 

これらを防ぐためにも正しい爪切りの知識と爪の定期的なケアが必要です。

B/S SPANGEとは・・・

足の爪の食い込みに対するドイツで開発されたケア方法です。

特殊なプラスチック製のプレートを爪表面に装着し爪の食い込みを軽減させる方法です。

 

巻き爪ケアを受けるにあたってQ&A

Q:巻き爪は痛くなければほっといても大丈夫ですか?

A:巻き爪は一度巻くとどんどん巻いていくため定期的なケアが必要です。痛みを予防するためにもケアをおすすめします。

 

Q:施術中、後は痛いでしょうか?

A:爪や皮膚を傷つけることがないため施術中に痛みを感じることは少ないです。

 

Q:どのくらいで良くなりますか?

A:人によって爪の成長速度が違うのではっきりとはいえませんが、半年~1年ほどを目安に考えていただけるといいかと思います。

 

Q:どのくらいの頻度で通わないといけませんか?

A:プレートの張替えの目安として1ヶ月です。1ヶ月に1回は通うようお願いしています通う間隔が開きすぎたり、プレートがとれてからそのままにしてたりすると効果が落ちる原因となります

施術できない方

〇ジェルネイルをしている方

→ジェルネイルを落として来店ください施術後、通常のネイルは可能ですが、ジェルネイルはお控えください。

 

〇爪の周りが化膿している方

〇爪に疾患がある方

→早急に皮膚科の受診をお願いします。

 

以下の方が来店された場合、施術は致しませんので施術可能かまずはお気軽にご連絡ください。

また、来店されて実際に爪を見た際に施術不可と判断した場合は出来ません。